ワキガ治療の吸引法とは?その特徴を解説

吸引法とはどんな治療法

吸引法はダイエットで行われる脂肪吸引のように、汗腺を吸引して除去するというものです。

手術は、除去したい部分に専用の管を挿入し、その管からアポクリン腺とエクリン腺を吸引し、除去するという流れで行われます。

この方法ではダウンタイムがほとんどなく、固定してあるところを外せば、すぐに通常通りの生活を送ることができるようになるため、人気の治療法となっています。

マイクロリムーブ法やクワドラカット法などはある程度費用がかかりますが、吸引するだけなのでそこまで費用はかかりません。また、傷跡もほとんど残らないため、おすすめです。

吸引法の効果とデメリット

吸引法の効果として、手術痕をほとんど残さず治療ができ、傷口さえ濡れないようにしておけばその日のうちからシャワーを浴びることも可能です。

ただ、デメリットとして完全に汗腺を除去しきれないというものがあります。

軽度、中度の症状の人であればいいものの、重度の人の場合には除去しきれず、結果として症状を感じ続けることとなります。

それでいて、汗腺は再生力が高いため、除去をしても再発するケースもあります。

わきがの症状が軽度であり、そこまでの費用をかけたくないという人は吸引法がおすすめであり、それで様子を見るというので大丈夫です。

吸引法の費用は?保険は適用できません

吸引法の費用ですが、基本的に保険は適用されないため、自費ですべてを払うことになります。

必要となるものは吸引法の種類で変わり、皮下組織吸引法、超音波吸引法で値段が異なります。

皮下組織吸引法の場合は、小さな穴を開けて行われることや、ものの1時間程度で終わることなどからある程度安くすることができ、だいたい15万円程度とされています。

一方、超音波吸引法は超音波を使って汗腺を破壊するというのがメインとなっており、だいたい25万円程度となっています。値段が高い分、再発率という点ではこちらの方が低くなっています。

吸引法はどこで受けられる?

吸引法は美容整形外科だけでなく、クリニック、皮膚科でも受けることができます。

ただ、技量という点を考えると、見栄えを意識するのは民間の美容整形のところであり、そういう専門ではないところの医師にかかると、見栄えはあまり意識されずに、傷跡が残る可能性もあります。

このため、値段で決めるのではなく、どのような形で手術が行われるのかを知る必要があります。

また、医師によって技術の差というものが歴然としているため、インターネットの口コミなどで情報収集を図り、まずは話を聞いてみて、それで判断をすることが大切です。