ワキガは手術で治したほうがいい?ワキガ手術のデメリットとは

ワキガ手術と手術以外の対処法の違いとは

独特な体臭になってしまうワキガには、色々な対処法があります。制汗剤などのデオドラント剤を使ってケアする方法は、簡単に行えますが体臭を抑える持続期間が短いのが難点です。

ワキガはアポクリン腺という汗腺から出た汗によって、体臭が強くなる症状です。デオドラント剤でのケアは一時的に、汗の臭いを抑える事が出来ますが、すぐに効果は失われてしまいます。

一方、手術によってアポクリン腺自体を除去したり、破壊するといった治療を行った場合、臭いの元となるアポクリン腺自体が少なくなるため、ずっと体臭に悩まされずに済むという点がメリットです。

手術のメリット・デメリット(剪除法)

ワキガの手術法としてポピュラーなのが「剪除法」です。この手術はワキ部分を切開し、皮膚を裏返した上で医師が目視で確認しながら、アポクリン腺を1つ1つ切除していく施術を行います。

ワキガ臭の原因となるアポクリン腺を確実に切除できるので、ワキガが再発しないというのがこの手術のメリットです。

ただ、ワキを切開する手術を行うため、すぐに回復しないというデメリットもあります。

この手術を受けた場合、術後約1週間から2週間程度は安静にしなければいけません。

仕事を長く休めないという方の場合、手術を受け難いという難点がある事を覚えておきましょう。

手術のメリット・デメリット(吸引法)

出来るだけ傷跡が残らない手術を選びたいという場合、「吸引法」がおすすめです。この手術はワキの下に数ミリの小さな穴を開けて、そこからカニューレと言われる細い管を挿入、そしてアポクリン腺などの汗腺を吸引してワキガ臭を改善する施術を行います。

数ミリ程度切開する必要はありますが、ほとんど傷跡は目立たない、そして入院する必要が無いという点が、この手術のメリットです。

ただし、重度のワキガ臭に悩んでいる方には手術の効果は薄いとされています。

軽度から中度のワキガ臭に悩んでいる方には最適ですが、全ての方に向いていないのはデメリットと言えるでしょう。

手術のメリット・デメリット(ミラドライ)

ワキガ臭を解消できる治療は、メスを使う手術だけではありません。今はミラドライという、メスを使わずにアポクリン腺に作用する治療によっても、ワキガ臭を軽減出来るようになっています。

この治療はマイクロウェーブという特殊な電磁波エネルギーをワキ部分に照射し、アポクリン腺を破壊する施術を行います。

手術を必要としないため患者の身体への負担が少なく、またダウンタイムがほとんど無いという魅力があります。

しかし、メリットだけでなくデメリットもあるので注意が必要です。

この治療は健康保険が適用されないため、費用にかかる平均は約30万円から45万円程度となっています。

金銭的な負担が大きいと、感じる方も少なくありません。

また、最新のワキガ治療という事もあり、まだまだ施術を受けられるクリニックが少ないようです。