ワキガの原因とは?自分でワキガかどうか判断できる?

ワキガはなぜ発症するの?

ワキガは主にワキの下で悪臭が発生する脇臭症と呼ばれる体質のことを言います。人間の持つ汗腺には2種類あって、エクリン腺は体全体に存在していてその汗はさらっとしていますが、アポクリン腺の分布はワキの下・耳の穴・陰部・乳頭といった部位に限定され、汗自体には臭いがないものの、水分やミネラル分に加えて脂質やたんぱく質・アンモニア・鉄分などを含み粘り気のあるのが特徴です。

この粘り気のある汗をエサとして、皮膚常在菌の一つであるコリネバクテリウム属がこれを分解発酵させることにより、独特な臭いを発生させます。このアポクリン腺はどんな人にも存在する汗腺なのですが、その数や大きさは生まれた時から、人それぞれ持っているものが違っています。このサイズ・数を決めるのは遺伝で、さらにこの体質は優性遺伝だと言われています。両親の少なくとも一人がワキガ体質を持つ場合には、自分もその体質を受け継いでいる確率はかなり高くなります。

ワキガのセルフチェック法

ワキガの可能性を持っているかどうか、セルフチェックできる方法があります。まずはクリニック等医療機関において行われる簡単なものと同様の方法として、両ワキの下にガーゼを挟み、軽く運動をしたあとにガーゼを外して臭いを確認するというのがあります。本人は普段から自分の臭いに慣れてしまっているため、自覚できないこともありますので、家族など近しい第三者にも一緒に確認してもらうのがベターです。ワキガ臭の特徴は、酸っぱさだけではなく、硫黄、古い料理油、鉛筆のようなものに近いと言われています。

セルフチェックリストとしては、家族、特に両親にワキガ体質の人がいる(優性遺伝のため)、耳垢が湿ったタイプ、Tシャツなどいつもワキの下部分が徐々に黄ばんでいく、ワキ毛が太い・濃い(女性)・やわらかい(男性)、ワキ汗量が多め、などの項目があげられます。これらに当てはまるものが多いほど、ワキガ体質である可能性も高くなると言われています。